ゲーリーヤマモト カスタムベイツ

GARY YAMAMOTO FISHING COLLECTION 2008
REPORT
2017.09.28
大石智洋 TBC Class-1 第4戦 利根川 5位
TBC第4戦。

5匹で4キロ弱、5位という結果に終わりました。
今回のトーナメントは勝つつもりで臨んだので、ちょっと悔しい5位ということになります。


TBC Class-1 第4戦 利根川 成績表

今回のパターンは、まさに私の今年のテーマである魚を引っ張るというもの。
ブッシュの中、あるいは付近をウロウロしている固体を引っ張り出してバイトさせる
というものでした。

本来、ブッシュの中にスキッピングでルアーを入れ魚を迎えに行く釣り方をすることが
多いのですが、どういう訳か、ブッシュの中でのバイトが非常に少ない、また釣れても
サイズが小さいということが続き、たまたま気がついたのが、外まで引っ張り出すという
パターンだったのです。

ブッシュの外まで出てくる固体はサイズが良く、前々日、前日と水の良いエリアでは
バイトが続き、6キロ近いウエイトまで見えていました。

ルアーはローライトならばポッパーやフロッグなどのトップウォーター、ハイライトならば
レンジを落としてクランクベイトといった感じでした。

少し気がかりだったのは水位。
毎日約1時間ずつ潮位 がずれていく利根川。

トーナメント開催の日は、朝イチのローライトコンディションに一番水位が低くなることに
なっており、このパターンが効かない可能性がありました。
ブッシュに水が無くなってしまえば、バスはポジションを変えてしまいますからね。


そして迎えたトーナメント当日。 案の定、ロータイド。

バスのポジションが変わっているのか反応が薄い。
水が無くなって干上がってしまっているブッシュすらあります。
こういった水位の変動が利根川におけるゲームを難しく、そして面白くしているんですよね。
しかしパターン自体は生きており、ポッパーを吹き飛ばすような勢いで水面までバスが
出てきます。

キロを優に超す固体が2匹連続でポッパ ーを食い損ねてくれたときは凹みましたが何とか
フロッグで1匹目。

ここで太陽が顔を出して、ハイライトな条件に移行。
さすがにハイライトだと水面への反応が薄れます。
そこでレンジを下げクランクベイトで小さいのを2匹。
カレントがとまってしまう時間帯はさらにバイトが遠のきます。

私がいたエリアでカレントが効きだすのはトーナメント終了時刻付近。
この状況で何とか魚を絞り出すために選んだのは、困った時の5"カットテール。
これをネコリグにして中層でスイミングさせ、ブッシュからバスを引っ張ります。



今回のパターン、バイトが出ていたのはブッシュから2m程度離れたところ、今までならば
ルアーを回収し始めるような場所です。

カットテールのスイミングに出た魚も同じような場所でした。
キロ超えのバス2匹はタイミングを変え、カットテールのカラーを変えて何とか引っ張り
出したものです。

グリーンパンプキン系とスモーク系のカラーを交互に投げるのはレッグワームでも良くやる
カラーローテーション。

終了1時間前に手にしたバスを最後に、その後反応はなくタイムアップ。

私としてはその日の状況下で精一杯絞り出したウェイトでしたが、上には上がいるものです。
自分が最高と思っていたパターンの上に更なるパターンが存在する。
これだからバスフィッシングは堪りませんね。

今回、まさかポッパーがメインになるとは思っておらず、新製品のポップスプラッシュを
オーダーしていませんでした。
スプラッシュを出しながら高速でのドッグウォークがキモだった今回、ドッグウォーク
アクションが売りのポップスプラッシュがあればまた違った展開になっていたかも知れませんね・・・。

今回、締めに活躍したカットテール5インチのカラーは以下の二色でした。


#297 グリーンパンプキン/ブラックフレーク


#306 ナチュラルシャッド/レインボー&ゴールド&ブラックフレーク

さてTBC最終戦の前に、利根川ではオールスタークラシックが開催されます。
私もゲーリーブースにお手伝いに行く予定です。
ブースではワームすくいなどのイベントや限定グッズの販売を行います。
会場にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
また出場するオ ールスターにゲーリーファミリーを一緒に応援しましょう!

大石智洋




 4 5 6 7 8