ゲーリーヤマモト カスタムベイツ

GARY YAMAMOTO FISHING COLLECTION 2008
REPORT
2015.09.30
小森嗣彦 JB TOP50 年間ポイントランキング 2位
2015 JB TOP50シリーズは総合2位でフィニッシュいたしました。

一年間応援ありがとうございました。



2015 JB TOP50年間ポイントランキング



初戦の初日にノーフィッシュから始まり、最終的に2位まであがれたことはとても
よかったと思います。

しかし、あと一歩。 悔しいですがこれをバネにまたV4を目指してがんばります。



今年のトーナメントの主力はモコリークローの4gテキサスリグ、レッグワームの
ダウンショット、4"カットテールのノーシンカー、3"ファットヤマセンコーでした。



最終戦はレッグワーム2.9もプロトモデルが間に合い、これは大きな武器になりました。

苦しい場面で一匹、入れ替えの魚をもたらしてくれました。



秘密兵器「2.9"レッグワーム」

TOP50最終戦でも活躍した2.9"レッグワーム。

実はそのプリプラクティスではこのワームだけで完全に勝てると思えるほど良く釣れていました。
連日3.5gのダウンショットにセットして1500gUPを複数匹キャッチ。
この釣れ具合をはやく公開したいけどプリプラだし…と一人でその爆釣を楽しんでいました。



試合当日は大増水してパターンが変わってしまいましたが、このワームのポテンシャルは
完全に勝負に使えると確信していました。

「2.9インチ」

数字だけ見ると微妙なサイズアップだと思うかもしれませんが、比べてみるとかなり
大きくなった感じがします。

テールの形状もかかとの部分が広がるなど若干変わっています。
アクションは大きく変わってはいませんが、2.9"のほうがテールの大きさだけ水押しが
強いため、一撃でバスを引き寄せ口を使わせる力があります。



そのため使い分けとしては、2.5"を使っていてややバイトが出るまでに時間がかかる
シーンや、プレッシャーの高いところにいるビッグバス、中層に浮きまくってしまって
いるバス、浅いところのやる気があるバスなどを狙うのには2.9"のほうが適していると
考えています。



また、2.5"に比べ重さがあるため、同じウエイトのリグでは単純に飛距離が出せるし、
ベイトフィネスでもとても投げやすいです。

テキサスリグで使用してもカバーに落ちていきやすく感じます。
フックサイズはオフセットで#1〜2を使用しています。



2.5"とうまく使い分けると釣果倍増。
TOP50を3度制覇した原動力であるレッグワーム。
今度の2.9"はさらに多くのバスをキャッチするためにどうしても必要な武器になる
ことは間違いありません。

発売をお楽しみにお待ちください。

小森嗣彦


写真提供 NBCNEWS




 93 94 95 96 97