ゲーリーヤマモト カスタムベイツ

GARY YAMAMOTO FISHING COLLECTION 2008
REPORT
2015.10.09
安達智史 TBC第5戦 レギュラークラス 4位

第4戦の5位に引き続き第5戦も4位で、なんとかお立ち台にあがれました。


TBC第5戦 成績表
写真提供 TBC

今回は記録的な大雨の影響で利根川本流もだいぶ地形が変わってしまったようで、1日
入ったプラは地形の変化や逆に新たに出来たカバーがないかチェックして回りました。

水温もどんどん下がってきて、場所によってはターンも始まっているようで水質も悪く
釣れない印象を受けました。

プラでは巻物と撃ち系の両方を試しましたが、巻物では僕には厳しい感じだったので、
撃ち系をメインにランガンすることに決めました。


迎えた大会当日。

水位も朝から落としてたようで、水がかなり流れてたんで朝イチの時合いをのがさない
ようにと気合いを入れてスタート!

まずはカレントの効いてる水通しのいい杭+ゴミやブッシュが絡んでる様な所を走り
ながら見つけてランガン。

すると、かなり沖まで伸びてる連杭の先端のあたりにブッシュが絡んでる場所を発見!

流れにのせながらA-OKの直リグを落とすとすぐにバイトしフッキングしましたが、
あり得ないミスで痛恨のバラシ。

しかしこの魚のお陰でなんとなくイメージが湧き次のポイントに直行。



またA-OKの直リグで読み通り掛けましたがまたまた痛恨のバラシ。

終わった・・・と思いましたが、まだまだ開始30分の出来事。
まだ時間はたっぷりあると言い聞かせ、飴を食べてリフレッシュ(笑)
また次なるポイントを探して走りました。

しかし、そこから中々バイトがなくヤバイなーって思い、お助け的なブッシュに
入ったらキロ越えのナイスフィッシュゲット!

前回は葦が良かったですが、今回はブッシュ系。

葦際はわりと水深があるといっても所詮岸際にしか生えてなく、中々減水時にいい
水深を控えてる所は少ない。 その点ブッシュは、場所によっては沖の方にあったり
減水時でも適度な水深を控えてる事が多い。

そこからはブッシュ系をメインにランガン。


気を付けたのはフラットエリアにあるディープ!?

延々とフラットエリアが続いてると、撃ち所がなく効率が悪いですが、ほんの1箇所
でもディープを控えてたらショボいカバーでもバスが必ず身を寄せる1級のカバーに
なるんで、そういう場所を探しながら釣りしました。

本当はそういう条件のエリアを何ヵ所もピックアップしとけばもっと効率よく回れる
んですが、まだまだ僕にとって未知な利根川。

探しながら釣り、フラットエリアにあるいいカバーを発見し2匹目をゲット!

そこはかなりゴージャスなカバーだったんで、そこまでフィネスにする必要はないと
思い、モコリークローをセットしたジグでブッシュのど真ん中から引き抜きました。


あと1本!

自分が知ってる数少ないカバーを撃って行きましたがバイトがない。

2本目をミスったカバーに再度入り直し、さっきより更にごちゃごちゃした所を撃ち、
リミット達成!

だいぶ気が楽になり上流エリアに勝負に行きましたが撃沈・・・試合終了となりました。



今回は2本ミスって精神的に焦りましたが、なんとかリミット揃えられて安心しました。

毎回試合中に新たに「ここのカバーいいなー」、「ここだけ深いんだー」、
「ここは牛が水浴びしてるんだー」・・・最後はどうでも良いですが(笑)
ほんと毎回発見があり、楽しいです。

比較的利根川は、いれば食うことが多いんで、撃ち系ではラバージグ+モコリークロー、
モコリークローTX、A-OK直リグの3つをメインにし、場所によって使い分けてます。

特にA-OK投げて釣れなかったら魚は居ない!?ってぐらいほんと信頼してます。

皆さんも是非お試しくださいm(__)m



ここ2戦、利根川のバスとリズムがあってきている感じがするんで、最終戦もなんとか
お立ち台に・・・いや優勝出来るよう頑張ってきます!

引き続き応援の程宜しくお願い致します。

安達智史




 86 87 88 89 90