ゲーリーヤマモト カスタムベイツ

GARY YAMAMOTO FISHING COLLECTION 2008
REPORT
2015.10.30
小森嗣彦 Basser Allstar Classic 4位
9月の大雨による大増水から一ヶ月、フィールドは落ち着きを取り戻し、安定した釣果が
プラクティスから見えていました。

私は北浦方面と利根川本流、北利根エリアでそれぞれ単日リミット5本で6kg近い
ウエイトを出すことができたプランを見つけており、広いフィールドとたくさんの
選択肢をどうマネージメントするか、それがこの試合のポイントになると思いました。



釣り方は利根川本流が4gのスゴイシンカーをセットしたモコリークロー #341
(ダークブラウンブルーギル)のテキサスリグカバー撃ちを中心に、6.75"プロ
センコーのダウンショットリグをハードボトムで使い、2.5"レッグワームのダウン
ショットでテトラを撃つという感じ。

その他のエリアはクランクベイトで護岸を流すものと2.9"レッグワームのダウン
ショットをマンメイドストラクチャーに入れていくといった釣りでした。
2.9"レッグワームはいれば一撃でいいバスから食ってくるスペシャルなワームです。

先月のTOP50最終戦、当日は大増水でカバーゲームに変わったしまいましたが、
プラクティスでもそれを実感できる釣果を出していました。




トーナメント当日、初日は北浦方面へ。



少し天気がよくなりすぎたのか、サイズダウンしていました。
それでも6バイト4キャッチ。ルアーはほぼレッグワームでした。
かなりいいバスを一匹ばらしてしまい、それが悔やまれる7位で初日を終えました。






二日目は利根川。



レッグワームで2本、モコリーで1本、計3本でしたが、こちらは狙い通りのサイズを
出すことができ、総合4位まで浮上することができました。






7度目の出場で5回目の表彰台にはあがれましたが、やはり優勝を目指していただけに
悔しい結果です。



応援してくださった皆様、今回はすいませんでした。ありがとうございました。

これからも最強のソフトベイト、ゲーリーワームとともに戦っていきますので、
また応援よろしくお願いします。



Basser Allstar Classic 2015 成績表

2.9"レッグワームはフックサイズ#1〜2にセットして3.5〜5gのダウンショットで
使うのがベスト。

2.5"との使い分けは、まず釣れるサイズが選べる、キャストがしやすい、太いラインでも
気にせず使えるといったことが挙げられ、試合でもそれを実感して使い分けています。

小森嗣彦




 90 91 92 93 94