ゲーリーヤマモト カスタムベイツ

GARY YAMAMOTO FISHING COLLECTION 2008
REPORT
2017.08.01
小池貴幸 JBマスターズ 第3戦 霞ヶ浦 3位
7月22日23日と2日間、霞ヶ浦にてJBマスターズ第3戦が開催されました。

今シーズンはTOP50のクオリファイができなく、マスターズ参戦から来期のシード権を
狙っている訳ですが、初戦の河口湖、2戦目の三瀬谷ダムと、共にタフな状況で、
二試合で1匹づつでもウェイインすれば、3戦目を迎える際には年間成績3位以内と言う状況。
自分は両試合ともミスがあり魚を検量する事ができなく、参加点のみの危機的状況…
がけっぷちです…



年間4試合しかない中で半分参加点のみは、かなりヤバく、今回と次戦の野尻湖で
両方とも上位成績でようやく一筋の希望が見えてくるかなっと、今回は優勝目指して、
最低お立ち台は絶対だとプラクティスに挑みました。

夏の霞ヶ浦、水温が30度越えは当たり前の灼熱な日々が続き、雨も結局一回も降らなく
水はどんどん減水して行きました。

僕は、霞水系のシャローフィッシングにはかなりの自信が有りますが、それ故に
ハマらない事も見えて来ており、今回は正にその状況。

しかし、実は魚がいなくなってる訳ではなく、口を使わせきれてないだけで、
プラクティスからその魚に口を使わす為の練習を徹底的にやりました。



そして、自信のついた釣り方が、スモラバに4"グラブのテールをカットしたイモグラブを
セットした“スモイモ”!
1/8のダウンショットにレッグワーム、そして、ノーシンカーワッキーの4"カットテール改と、
ゲーリーオールスターズでバイトを取れていました。



それぞれの使い分けは、ドックや壁、ゴロタなどのエビ系を捕食しているバスには
スモイモとノーシンカーワッキー、杭などタイトに攻めたい時にレッグワームの
ダウンショットという使い分けです。



そして、迎えた大会初日…
朝からレッグワームのダウンショットで杭からナイスサイズ、ドック周りで更に
スモイモで追加し、キーパーサイズも含め3本を短時間でキャッチ。

ハイペースな展開と狙い通りの場所にバスがいる事で2日目の事を考えて少し遠い
エリアのバスを狙いに行きました。
が…それが不発…
ラスト10分まで巨大ニゴイ5匹と言う状況から、一本でも拾えたらいいなぁっと、
会場近くを狙う事に。

他の選手が抜けた後の場所でしたが、ノーシンカーワッキーの4"カットテール改で
攻め直して1本追加でき、初日は4300グラムで2位スタート!!


翌2日目…

朝から曇り空…プラクティスから無い天候…魚が動く事は明確でした。





釣り方は変えずにエリアを変えながら、スモイモを中心として、ゴロタがある
シートパイルなどのエビ系バスを探す事ができ、5リミットの3900グラム短日7位、
総合3位でフィニッシュしました。



前日より順位は落としましたが、3位と言う成績は当初の目標はクリアでき嬉しく
思っています。

2日目のバスは完全にプラクティス時にはいなかった場所からのバイトでしたが、
信頼のあるゲーリーワームを使う事で落ち着いて釣りができた事も、成績に大きく
関わってきていました。


JBマスターズ第3戦 霞ヶ浦 成績表

改めて、ゲーリーファミリーでよかったと思うと同時に、ゲーリーワームのマッディ
ウォーターでの破壊力はスゴイと実感しました。

残りの最終戦、野尻湖も自分に掛かるノルマは非常に高いのですが、何とかTOP50の
シード権を獲得するべく頑張りますので、応援よろしくお願いします!

ありがとうございました!

小池貴幸




 1 2 3 4 5