COLOR No : 241 シナモン(ソリッド)
 
曇り時のワカサギを強く意識した色で、そのレンジはスイミングで使うのが普通。
ノーシンカーのフォールで使っても非常に強い。
また岩盤や倒木でのヨシノボリにも見える。(河辺裕和)
 
通称「ペレットカラー」の名のとおり、マッチ・ザ・ペレット! 放流バスに強いと思います。
そして地味なカラーであるがゆえに、あらゆるレイクにおいてナチュラルカラーになりえます。特に河口湖では超定番です。(北見真人)
 
ワカサギ系のカラーです。
雨や曇りの日によく釣れるカラーです。河口湖などの放流バスにはかなり効くカラーです。
お薦めはズバリ2インチヤマセンコーです。
これらはもうペレットそのもので、かなりヤバイです。(杉浦秀樹)
 
カットテールではまるで・ドバミミズ・色。グラブ系で見ればベイトフィッシュにも見え、ワームの形で使い分けが出来る。(川口直人)
 
河口湖の放流バスには絶対的に強く、その理由としては、放流バスを育てているエサのペレットと、241番の色が完全に一致しているからである。
放流バスはペレットの色に対して敏感に反応する為に、241番への反応は強く、他の色以上にバイトを誘発することができる。(青木大介)
 
イメージではミミズ。
野池やリザーバーでの出番が多く、「ミミズが水に落ちそう」というポイントに投げてズル引きがミソ。(奥泉悠介)
 
私がゲーリーカラーの中で最も多用しているカラー。
どんなシチュエーションでも確実に魚を惹きつける100%信頼のカラー。
何も言う事ナシ!!(大石雅和)
 
主にアフターといったタフな状況に最も喰わせやすいカラーです。
あまりラメやツートンといった、アピールさせるカラーではなく、ナチュラルにバイトに持ち込める喰わせのカラーです。(伊豫部健)
 
※アイテムをクリックすると説明がご覧になれます。
閉じる